幹細胞の種類と特徴

幹細胞と一言で言われても何がなんだか分からない人がほとんどかと思います。

幹細胞とは何か、どんな種類があってどのような働きをしているのか、簡単に知識を得るだけで美容にも役立てることができます。幹細胞を知れば、iPS細胞がなぜあんなに注目を浴びた研究なのかもわかるでしょう。

幹細胞とは何か?

幹細胞って何?その役割と特徴

私たちのからだの中には約60兆個、200種類以上の細胞が存在します。

血液なら血液専用の細胞、肝臓なら肝臓の細胞、筋肉なら筋肉の細胞、とそれぞれ専門の役割があるのですが役割を持たずいろいろな細胞に分化できる細胞があります。

自身と同じ細胞を作り出す能力(自己複製能)と別の役割を持った細胞を作り出す能力(分化能)、この二つを持ち合わせた細胞、それが幹細胞なのです。私たちがけがや病気をしてその部分の細胞が更に必要になった時に、幹細胞は必要な細胞に変化し手助けする何でも屋さんなのです。

幹細胞の種類

「幹細胞コスメ」の効果

幹細胞には大きく分けて2つあります。組織幹細胞多能性幹細胞です。

組織幹細胞とは、おおよその役割が決まっている幹細胞のことです。血液を作る幹細胞は造血幹細胞、筋肉を作る幹細胞は骨格筋細胞、そして神経には神経幹細胞があり、主にそれらの分野の中で様々な細胞へ分化することができます。

からだのどこかで不調が起きても改善・修復できるのはこの組織幹細胞が常に働いてくれている(自己複製能)からなのです。

多能性幹細胞は、どんな幹細胞でも作り出せる幹細胞のことです。多能性幹細胞にはさらに大きく分けてES細胞とiPS細胞があります。次はこの二つについて詳しく書いていきます。

ES細胞とは

日本語では胚性幹細胞といいます。ES細胞は受精卵にもっとも近く、受精卵の細胞から培養されたものです。

このES細胞は適切な環境下であらゆる幹細胞に変化し分化していきます。そのため、「万能細胞」ともいわれています。しかし、受精卵を壊して取り出して培養した細胞のため、他人に移植すると拒絶反応を起こします。また生命に触れているという点から理論的に問題があるとされています。

iPS細胞とは

山中教授がノーベル賞を受賞した事で知名度が上がったiPS細胞ですが、皮膚などから取り出した細胞に特定の因子を入れることによって作られた人工的な多能性細胞のことです。

この細胞はどんな臓器や組織の細胞にも分化する事ができ、ほぼ永久的に増殖することが可能です。

また命に触れないという倫理的観点からも医療の発展の為に急速に研究が進んでいます。その上、患者自身のからだから細胞を取り出して作り出す細胞のため拒絶反応も起こりにくいと考えられています。

iPS細胞の研究が進めば疾患や病気の治療に役立つだけでなく、難治性患者のからだから取り出した細胞からiPS細胞を作りそれを分化させることによって、病気の原因を解明できると期待されています。

化粧品に使われる幹細胞の種類と特徴